郵便ポスト

DMによく使われる圧着ハガキとはどのようなもの?

二つ折りや三つ折りに畳んでハガキサイズにした紙の内側に、接着剤を塗布して圧着して一枚のハガキ状に形成したものを圧着ハガキと言います。折り畳んだ部分ははがして開けるので、ハガキよりも広い面積を純粋な広告面として使用する事が出来ます。また圧着部分は意図的にはがさない限り開く事は無いので機密保持力が高く、さらにはがした後再び元のように貼り合わせるのが困難であるため、広告目的のDM以外にも親展通知のようなプライバシーに関わる情報の送付にも使用される事もあります。接着方式にはいくつか種類があり、いわゆる糊で接着する物もありますが、ラミネートフィルムやUVニスなど用途に合わせて複数の種類が存在します。糊を使用する物については圧着ハガキ用に作られた用紙を用いる事で自社作成もある程度は可能ですが、解像度が悪く画像等の印刷には不向きなため、DMとして使用する場合作成は専門業者に依頼するというのが基本となります。折り畳まれた紙のサイズによってV型とZ型と呼ばれる種類があり、それぞれV型が二つ折りでZ型が三つ折りになります。さらにL型と呼ばれる往復ハガキ型の圧着ハガキもあり、アンケートや通販の注文といった返信の必要があるものに利用されています。

ニュース

最新記事一覧

SITE MAP