郵便ポスト

お試し印刷を活用すれば完璧な仕上がりの圧着ハガキを作成できます

圧着ハガキの開け口

広告郵便としてコストパフォーマンスの高い圧着ハガキですが、作成方法を間違えてしまっていては費用が余計にかかってしまうことになります。

まず、注意したいのが自作ではなく作成は専門業者に依頼することです。
一見、自作した方が予算も時間も節約できるように思うかもしれませんが、素人が圧着ハガキを作成するのはかなり手間がかかります。通常のチラシやハガキと違い、紙同士を特殊な方法で接着する必要があるからです。しっかりとした技術がないと、お客様が郵便物を受け取った際に綺麗に開けないという事態になりかねません。そうなっては、お店自体のイメージまで悪くなってしまいます。
専門業者はハガキのデザインから投函までを即日行ってくれることもあります。急ぎの場合こそ、美しく確実に圧着ハガキを作成してくれる専門業者がおすすめです。

そして、次に専門業者に依頼する場合も、業者の良し悪しをしっかり見極めることです。
注文に入る前に、無料見積もりやお試し印刷を利用して、業者の対応や雰囲気を確かめるのがおすすめです。どんなに対応がいい業者でも印刷の色合いやハガキの紙質などが悪い場合もありますので、大量注文する場合は必ずお試し印刷で仕上がり見本をもらってください。

経営の安定化にも役立つ圧着ハガキを活用した広告戦略

時期によって売り上げの変動が激しい企業の経営者は、固定客の確保で経営を軌道に乗せたいと考えています。そのためには顧客一人一人に宣伝を行うことが重要であり、圧着ハガキを使ったダイレクトメールが大きな威力を発揮します。また最も大きな宣伝効果が期待できるタイミングで発送するためには、納品が迅速な業者に圧着ハガキの作成を依頼する必要があります。また圧着ハガキ作成は専門業者に依頼するときには、ウェブサイトの見積もりシミュレーションを利用するとすぐに料金を算出できます。したがって複数の業者の料金の比較も容易であり、誰でもすぐに最安値の印刷会社を見つけることができます。そして住所などの顧客データを活用するときには、性別や年齢などで分類するのが理想的です。属性別にダイレクトメールの内容を変えると、きめ細かい宣伝が行えるからです。特に顧客の誕生日に合わせて特別なキャンペーンを企画するのが、企業経営者の大人気の宣伝のスタイルになっています。小ロット注文が可能な印刷会社であれば、誕生日のメッセージ入りの圧着ハガキを作成することができます。また問い合わせや商品の購入の件数を分析すると、ダイレクトメールの効果を数量的に確認することが可能です。

主に3種類ある圧着ハガキの中から適した種類を選びましょう

広告やお知らせにぴったりな圧着ハガキの作成は専門業者に依頼する事で、自社オリジナルのものを簡単な手続きで用意できます。そんな圧着ハガキには複数の種類があり、一般的なハガキサイズとしては、二つ折りと三つ折りそして往復三つ折りの3種類が主に使用されています。このうち二つ折りはもっともポピュラーなもので、シンプルな構造のため作成コストがもっとも低く、多くの業者で小ロットでの作成も可能なので経費を浮かせたい場合にはこちらを選びましょう。三つ折りは表だけでなく裏もめくる事が出来る構造になっているため、二つ折り以上のボリュームで広告の掲載が可能になっています。商品を詳しく解説したり、多くの商品を掲載した場合にはこの三つ折りが最適です。開く順番を指定すれば、ストーリー性を持って情報を伝えることができますので、サービスの契約をお勧めするような説明が複雑になるような内容にも合っています。そして往復三つ折りですが、こちらは通常の三つ折りとは異なり、三つ折りのうち一か所のみを圧着して残りの部分はそのままにして、往復ハガキの形状にしてあります。用途も往復ハガキそのものと同様ですが、圧着部分に広告を掲載できるので、圧着ハガキと往復ハガキのいいとこ取りになっています。

ニュース

最新記事一覧

SITE MAP